February 12, 2019 / 12:02 AM / 11 days ago

マザーズ先物見通し:海外政治イベントを控え様子見ムードか


*08:58JST マザーズ先物見通し:海外政治イベントを控え様子見ムードか
本日のマザーズ先物は、11日から始まった米中次官級による通商協議の動向など海外政治イベントを控え、全般は様子見姿勢が強まりそうだ。前日の米国株は高安まちまちだった一方、外為市場では、中国株高などを背景に1ドル=110円台へと円安が進み、CME225先物も前週末の大阪引け値を上回って終了したため、ひとまずは買い安心感が広がる可能性がある。ただ、先週の先物市場では、225先物が2%程度下落したのに対し、マザーズ先物は3%超の下落。サンバイオ4592の急落が影響しているとみられるが、マザーズ市場の戻りが鈍ければ、再び個人投資家によるリスク回避の動きが広がる可能性も残っている。また、米中協議や米暫定予算の動向など海外での重要政治イベントを控えており、結果次第ではリスクオフにつながることも予想され、留意する必要がありそうだ。上値のメドは850.0pt、下値のメドは820.0ptとする。
《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below