February 12, 2019 / 12:27 AM / 5 months ago

売買代金と市場活況度の関係~投資の学校(高井ひろえ)


*09:21JST 売買代金と市場活況度の関係~投資の学校(高井ひろえ)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「投資の学校の気になるレポート」です。投資の学校プレミアムの特別講師である戸松信博先生のコラムについて興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

本日ご紹介するコラムは、戸松先生が書かれた『売買代金と市場活況度の関係』という記事です。まず「売買代金」について説明しています。売買代金とは、『株式市場で売買が成立した金額』のことを言います。『これは東証全体の取引が活発に行われているかどうかの判断基準にもなります。そして、取引が活発に行われているかどうかの基準は2兆円だと言われており、この2兆円という基準に対して取引が活発かどうか、ということになります』と伝えています。この理由は、『お盆などで取引が少ない8月と決算期などで取引が活発な3月とでは異なってくるからです』とのこと。

この売買代金の意味を踏まえた上で、相場が上昇トレンドか、下降トレンドかという見方について次のように説明しています。『1月21日(月)の日経平均は終値で+53円高となったものの、その後3日間は、高く始まれば場中に下げ、安く始まれば場中に値を上げと、方向感のない中で小幅に3日続落となりました』。

しかし、この間の東証一部売買代金は『全て2兆円を下回り、薄商いに終わっていたことに注目できます』と話します。このように出来高を増して大きく売り込まれていないのは、『上昇トレンドの特徴です』と伝えています。

上記の記事の詳細コメントは、株式会社ファイナンシャルインテリジェンスが運営している「投資の学校プレミアム」の1月29日付のコラムである『売買代金と市場活況度の関係』にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

高井ひろえの「気になるレポート」は各種レポートを高井ひろえの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ





《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below