February 13, 2019 / 11:45 PM / 6 months ago

今日の為替市場ポイント:米中協議進展への期待などでドルは強含みとなる可能性


*08:41JST 今日の為替市場ポイント:米中協議進展への期待などでドルは強含みとなる可能性
13日のドル・円相場は、東京市場では110円43銭から110円70銭まで上昇。欧米市場でドルは110円59銭から111円05銭まで一段高となり、111円01銭で取引を終えた。

本日14日のドル・円は、111円を挟んだ水準で推移か。米中貿易協議の進展が期待されていることなどから、ドルはやや強い動きを見せる可能性が高いとみられる。

13日の欧米市場では、トランプ米大統領が米中貿易協議の期限延長に言及し、貿易協議のさらなる進展への期待が広がったことや、与野党合意の予算案にトランプ大統領が署名する公算は大きいとの見方が広がったことから、ドルは主要通貨に対して上昇した。1月の米消費者物価コア指数は、前年比+2.2%で市場予想の同比+2.1%を上回ったこともドル買い材料となった。

報道によると、最終的な米予算案は14日までに発表される見込みだが、与野党の利害関係が完全に一致する内容にはならないとみられている。ただし、共和党と民主党の議員の大半は政府機関の再閉鎖だけは避けたいと考えており、トランプ大統領も再閉鎖を望んでいないことから、市場関係者の間では「最終的な予算案の採決は14日中に行なわれる可能性が高い」との見方が広がっている。米政府機関が再び閉鎖されるリスクは14日までに除去される見込みであり、ドル相場に対する短期的な支援材料となる。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below