February 14, 2019 / 7:21 AM / 6 months ago

マザーズ先物概況:3日ぶりに小反落、利食い売り先行


*16:16JST マザーズ先物概況:3日ぶりに小反落、利食い売り先行
14日のマザーズ先物は前日比2.0pt安の868.0ptと3日ぶりに小反落した。高値は873.0pt、安値は863.0pt、取引高は1444枚。

本日のマザーズ先物は、前日の米国株高や為替市場での円安進行など外部環境は良好なものの、前日に21000円台を回復した日経平均が上値の重い展開を強いられたことから、マザーズ市場も利食い売りなどが先行し、頭の重い展開となった。また、米中閣僚級の貿易協議の行方も見定めたいとのムードが強いことも模様眺め姿勢を強める一因になったと思われる。

こうしたなか、本日のマザーズ市場では個別材料株への投資資金が継続した。第1四半期の営業利益が大幅な増益を達成したメドピア6095や、好業績が引き続き手掛かりになったAmazia4424、第3四半期の累計営業赤字が縮小したフルッタ2586のほか、連日の株価下落に対する反動から買い戻されたトランザス6696などがストップ高まで買われた一方、10-12月期の業績が鈍化したアドベンチャー6030はストップ安まで売り込まれた。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below