February 18, 2019 / 8:25 AM / 7 months ago

欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、米非常事態宣言や金融当局のハト派発言を意識


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、米非常事態宣言や金融当局のハト派発言を意識
本日18日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開が予想される。米中貿易協議の楽観的な見通しなどでクロス円が持ち直し、円売り方向に振れやすい見通し。ただ、米国の非常事態宣言の影響や金融当局者のハト派発言を背景に、ドルは下押しされる可能性があろう。

クーレ欧州中銀(ECB)理事は先週15日の講演で、長期リファイナンスオペ(TLTRO)再開の可能性に言及するなど、緩和的な政策に前向きな姿勢を示し、ユーロ売りが強まった。ただ、週明け18日のアジア市場は値ごろ感からユーロの買戻しに振れ、ユーロ・円は節目の125円を回復するなどクロス円の持ち直しが目立った。こうした流れからドル・円の取引でも円売りがやや優勢となり、110円50銭台で底堅い値動きが続いた。また、日本株や中国株の堅調地合いもリスク選好的な円売りを誘発し、ドル・円は目先も株高を背景に下値の堅さを維持すると予想される。

ただし、ドル上昇は限定的となりそうだ。今晩は米国市場がプレジデンツ・デーの祝日に伴う休場で、全般的に薄商いの見通し。ユーロ圏経済に対する悲観的な見方が広がれば、ユーロ安・ドル高の相場展開となり、ドル・円相場を小幅に押し上げる(ドル高・円安)可能性はある。米トランプ政権の非常事態宣言は政権側には有利だが、目先の政策運営の遅れなどへの影響が懸念されている。また、米経済指標の弱さが目立つなか、年内は利上げ不要とのデイリー米サンフランシスコ連銀総裁によるハト派寄りの発言が、引き続きドル買いを弱めるだろう。

【今日の欧米市場の予定】
・米国市場休場(プレジデンツデー)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below