February 18, 2019 / 11:36 PM / a month ago

今日の為替市場ポイント:欧米自動車摩擦への懸念でリスク選好の円売り抑制も


*08:31JST 今日の為替市場ポイント:欧米自動車摩擦への懸念でリスク選好の円売り抑制も
18日のドル・円相場は、東京市場では110円46銭から110円59銭まで反発。欧米市場でドルは110円52銭から110円65銭まで上昇し、110円61銭で取引を終えた。

本日19日のドル・円は、主に110円台半ば近辺で推移か。自動車・部品輸入を巡って米国と欧州は再び対立しており、リスク選好的な円売りはやや抑制される可能性がある。

米商務省によると、ロス商務長官は17日に自動車・同部品輸入が米国の国家安全保障に及ぼす影響に関する調査結果をトランプ大統領に正式に提出した。報道などによると、商務省の発表資料は報告書の詳細や勧告には触れていないもよう。ただし、米国のこの動きに対して欧州側は敏感に反応しており、ユンケル欧州委員長はメディアを通じて「トランプ大統領が約束を破ったなら、われわれは米国産大豆と天然ガスの購入拡大を守る気がしないだろう」との見方を伝えている。

米商務省は昨年5月に米通商拡大法232条に基づく調査を開始しており、当時トランプ大統領は自動車輸入に最大25%の追加関税を課すことを検討していたとされる。市場関係者の間では「今回の米国の行動は継続中の米中貿易協議にも何らかの影響を与える」との見方が浮上しており、自動車・部品輸入を巡って欧米間の対立が深まった場合、主要国の株式市場にも悪影響を与えると警戒している。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below