February 19, 2019 / 3:47 AM / 7 months ago

後場に注目すべき3つのポイント~手掛かり難と「気迷い」と


*12:43JST 後場に注目すべき3つのポイント~手掛かり難と「気迷い」と
19日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小幅続伸、手掛かり難と「気迷い」と
・ドル・円はもみ合い、クロス円が下押しも
・値上がり寄与トップは、KDDI9433、ユニファミマ8028


■日経平均は小幅続伸、手掛かり難と「気迷い」と

日経平均は小幅続伸。15.82円高の21297.67円(出来高概算4億9000万株)で前場の取引を終えている。

18日の米株式市場はプレジデンツデーの祝日で休場だった。為替相場は前日同様に1ドル=110円台半ばで推移しており、新規の手掛かり材料に乏しいなかで本日の日経平均は25円安からスタート。前日に400円近く上昇した反動から、やや利益確定売りが先行した。中国などのアジア株も総じて小動きとなっており、前場の日経平均は前日終値を挟んでもみ合う展開が続いた。高値は10時56分に付けた21326.11円(44.26円高)、安値は9時12分に付けた21217.16円(64.69円安)。東証1部の値上がり銘柄は全体の5割強となっている。

個別では、ファーストリテ9983、トヨタ自7203、村田製6981、キーエンス6861などが小高い。ソニー6758やソフトバンク9434は堅調だった。出光興産5019は4%高で大幅に5日続伸。このところ上位レーティング据え置きの動きが相次いでいる。中小型株では株式分割の実施を発表したラクトJPN3139などが買われ、業績上方修正を発表したピーシーエー9629は一時ストップ高を付けた。一方、売買代金トップのソフトバンクG9984は3%超安。連日で陰線を付けており、利益確定売り優勢の展開となっている。任天堂7974、ZOZO3092、SUMCO3436なども軟調で、武田薬4502は小安い。また、JMS7702などが東証1部下落率上位に顔を出している。セクターでは、石油・石炭製品、鉱業、電気・ガス業などが上昇率上位。反面、ゴム製品、その他製品、繊維製品などが下落率上位だった。

前日の米国市場が休場だっただけに、日経平均は方向感に乏しい展開となっている。前場の東証1部売買代金は概算で8600億円ほどにとどまっており、積極的な売買は限定的のようだ。ひとまず連休明けの米国株の動向を見極めたいとの思惑から、後場も模様眺めムードが続きそうだ。このところ米国発の材料に一喜一憂する相場展開となっていることが改めて浮き彫りになったと言える。

他方、本日の日経平均の動きは市場の気迷いを映したものとも捉えられる。日足チャートでは前日の上昇で75日移動平均線を上抜け、戻り歩調が続いているように見える。しかし、週足チャートでは13週、26週、52週の各移動平均線が揃って下向きとなっており、中長期的な基調が好転したとの見方はまだ少ない。市場関係者の声も強気、弱気が入り混じっており、相場全体としての方向感を見極めるまで中小型のテーマ株、材料株で値幅取りを狙う短期物色が中心となりそうだ。


■ドル・円はもみ合い、クロス円が下押しも

19日午前の東京市場でドル・円はもみ合い。豪ドル・円などクロス円が下押しする場面もあったが、おおむね110円50銭付近で推移した。

ドル・円は、朝方の取引で110円60銭台に上昇後、日経平均株価の前日終値付近での不安定な値動きから、やや円買いに振れた。また、豪準備銀のハト派寄りの定例会合議事録を受け豪ドル・円が軟化し、ドルを下押しした。

ただ、押し目買いも観測され、ドルは110円50銭付近でのもみ合いが続いた。ランチタイムの日経平均先物は売り買いが交錯。一方、中国株や欧米株式先物はプラス圏を維持しており、円買いは強まっていないようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円45銭から110円62銭、ユーロ・円は124円86銭から125円13銭、ユーロ・ドルは1.1301ドルから1.1313ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・ピー・シー・エー9629や日本テレホン9425など、5銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは、KDDI9433、ユニファミマ8028


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・豪準備銀(定例会合議事録)

「短期的に政策金利を変更する強い根拠はない」

「金利はある時点で引き上げか引き下げとなるのが妥当」

「経済見通しについては著しい不確実性がみられる」

「金利のシナリオは以前よりも均衡している」

「住宅価格は歴史的水準まで落ちている」


<国内>
特になし

<海外>
特になし




《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below