February 19, 2019 / 9:52 AM / 3 months ago

19日の日本国債市場概況:債券先物は152円90銭で終了


*18:49JST 19日の日本国債市場概況:債券先物は152円90銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2019年3月限
寄付152円86銭 高値152円92銭 安値152円79銭 引け152円90銭
売買高総計23835枚

2年  397回  -0.180%
5年  138回  -0.180%
10年 353回  -0.035%
20年 167回   0.405%

債券先物3月限は、152円86銭で取引を開始。財務省が実施する20年債入札を控えて売りが先行し、152円79銭まで下げた。その後、20年債入札が順調だったことや、黒田日銀総裁が国会答弁で「物価安定目標の実現に必要なら追加緩和を検討する」と述べたことを受けて買いが優勢になり、152円92銭まで上昇した。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>
2年債は2.50%、10年債は2.66%、30年債は2.99%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.09%、英国債は1.15%、オーストラリア10年債は2.13%、NZ10年債は2.22%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・19:00 独・2月ZEW景気期待指数(予想:-13.6、1月:-15.0)
・22:50 メスター米クリーブランド連銀総裁講演(経済見通しと金融政策)
・24:00 米・2月NAHB住宅市場指数(予想:59、1月:58)


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below