February 25, 2019 / 12:10 AM / 3 months ago

個別銘柄戦略:コマツや日立建機に注目


*09:05JST 個別銘柄戦略:コマツや日立建機に注目
先週末22日の米国市場では、NYダウが181.18ドル高の26031.81、ナスダック総合指数が67.84pt高の7527.55とそれぞれ節目の26000、7500を突破。シカゴ日経225先物は大阪比25円高の21425円と小幅高だった。25日早朝の為替は1ドル=110円60銭台と、22日午後3時時点より小幅の円高。本日の東京市場では、米中貿易戦争の終結に対する期待感を背景に強含みが予想される。電子部品を中心とした電機に加え、機械、素材、海運など幅広い業種に買いが入ろう。中国・上海株の上昇も確認できれば、前場中盤からは日経225先物と合わせてファーストリテ9983やソフトバンクG9984といった日経平均の高構成比銘柄も騰勢を強めそうだ。新興市場でも、東証1部銘柄の値上がりで信用取引の担保余力が増し、先週末にいったん利食われたバイオ・創薬関連銘柄を中心に買われる展開が予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された国際帝石1605、アサヒ2502、セーレン3569、武田4502、 出光興産5019、オークマ6103、コマツ6301、日立建機6305、クボタ6326、ハーモニック6324、ダイキン6367、ダイフク6383、ジェイテクト6473、安川電6506、キーエンス6861、伊藤忠8001、菱地所8802などに注目。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below