February 25, 2019 / 8:31 AM / in 3 months

マザーズ先物概況:大幅に6日続伸、米中協議進展期待から買い意欲強まる


*17:28JST マザーズ先物概況:大幅に6日続伸、米中協議進展期待から買い意欲強まる
25日のマザーズ先物は前週末比16.0pt高の933.0ptと大幅に6日続伸した。高値は937.0pt、安値は922.00pt、取引高は1319枚。

本日のマザーズ先物は、米中貿易交渉の進展に対する期待感から日経平均が反発するなど良好な外部環境を映して、マザーズ市場にも買いが波及、マザーズ先物も6連騰を演じた。6連騰は昨年11月21日~29日以来約3か月ぶりとなる。また、このところの株価上昇で、個人投資家の投資意欲は回復しつつあり、前週末に続きアンジェス4563などのバイオ関連株やメルカリ4385などの時価総額上位銘柄など主力株中心に値を上げたこともマザーズ先物高に寄与したとみられる。

本日のマザーズ市場では、地盤改良施工で画像認識人工知能(AI)を利用した判定アプリを開発したITbookHD1447のほか、遺伝子治療薬承認が引き続き材料視されたアンジェス4563や先週のバイオ関連株人気が続いたオンコリス4588、中国の流通企業と資本業務提携する総医研2385がストップ高まで買い進まれた。このほか、前週末に新規上場し初値持ち越しとなった識学7049は公募・売り出し価格比2.53倍の4550円で初値を形成し、好スタートを切った。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below