February 26, 2019 / 12:08 AM / 3 months ago

個別銘柄戦略:住友林業や花王に注目


*09:03JST 個別銘柄戦略:住友林業や花王に注目
25日の米国市場では、NYダウが60.14ドル高の26091.95、ナスダック総合指数が26.92pt高の7554.46、シカゴ日経225先物が大阪比20円高の21570円。26日早朝の為替は1ドル=111円00銭台と、25日午後3時時点より約40銭の円安。本日の東京市場では、米国株高や円安など投資環境の落ち着きを受けて、堅調に推移しよう。前日に米中貿易問題解決への期待感から買われた電機セクターを中心に幅広い銘柄の値上がりが予想される。ただ、輸出関連株に買いが入りやすい一方で、薬品や食料品、陸運などディフェンシブ色の強い業種は利益確定売りで上値は重くなろう。本日はファーストリテ9983やイオン8267、高島屋8233、Jフロント3086、7&iHD3382、ユニファミマ8028などの配当落ち日に当たる。これらの銘柄が配当の落ち分を本日中に埋めるようだと、地合いの強さが意識され、他銘柄や先物の買いを誘う形で相場全体が水準を切り上げていく可能性が出てくる。朝方はパッシブ運用業者による配当落ち分の再投資に伴う225先物の調整買いも予想され、ファーストリテ9983やソフトバンクG9984といった日経平均の高構成比銘柄の追い風となろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された住友林業1911、アサヒ2502、トリドール3397、SUMCO3436、ワールド3612、花王4452、アマダHD6113、日機装6376、リコー7752、富士ソフト9749などに注目。
《US》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below