February 28, 2019 / 7:27 AM / 3 months ago

ネガティブ材料重なり、先回りの動きも【クロージング】


*16:24JST ネガティブ材料重なり、先回りの動きも【クロージング】
28日の日経平均は下落。171.35円安の21385.16円(出来高概算13億株)で取引を終えた。通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、下院歳入委員会で証言し、「米中が合意に達する前に、なお多くの作業が必要だ」と述べたと伝わり、米中通商協議に対する進展期待がやや後退した。また、パキスタン軍がパキスタン領空でインド機2機を撃墜したことを明らかにしたと報じられ、地政学リスクへの警戒が売買を手控えさせた。この流れから小幅に下落して始まった日経平均は、じり安基調となり、前場半ばには21400円台半ばでの推移に。その後は21450円処をサポートに底堅い値動きをみせていたが、大引け間際には、ベトナム・ハノイで開かれている米朝首脳会談で、トランプ大統領の記者会見開始時間が2時間早まり、合意文書の署名式が中止になるとの報道が嫌気され、下げ幅を広げている。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは電気機器、海運、証券、不動産、機械、化学、その他製品、非鉄金属が軟調。一方で、水産農林、サービスの2業種が小幅に上昇している。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、ユニファミマ8028、東エレク8035、資生堂4911が重石となった。

薄商いの中で、外部環境に振らされやすい需給状況であることは想定内ではある。しかし、USTRのライトハイザー代表による発言で米中通商協議に対する進展期待が後退したほか、インドとパキスタンの緊張の高まり、さらに、米朝首脳会談で合意文書の署名式が中止になるとの報道など、ネガティブ材料が重なったことが、売り仕掛け的な動きにもつながっているとみられる。また、グローベックスの米株先物は100ドル近く下げて推移していることもあり、明日の調整を想定した先回りの動きもあっただろう。

その他、マザーズ指数は9営業日ぶりに反落となった。短期的な過熱警戒感から利食いは想定されていたとはいえ、2%を超える下げにより、センチメントはやや悪化した格好であろう。900Pt水準に25日線が位置しており、これを理想的にサポートとしてくるかが注目されるだろう。



《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below