February 28, 2019 / 7:42 AM / 3 months ago

マザーズ先物概況:大幅反落、利益確定売り先行


*16:35JST マザーズ先物概況:大幅反落、利益確定売り先行
28日のマザーズ先物は前日比28.0pt安の908.0ptと大幅に反落して終了した。高値は934.0pt、安値は908.0pt、取引高は2160枚。

本日のマザーズ先物は、前日の米国株の下落や日経平均の反落を背景に個人投資家のマインドも萎縮し、売りが先行して始まった。また、今月中旬からほぼ一本調子で上昇し、マザーズ先物は9%超も値を上げていたこともあり、当面の利益を確保する動きが強まった。マザーズ市場でも先駆したバイオ関連株などを中心に値を下げる銘柄が増加したほか、日本時間の夕方から始まる米朝首脳会談後のトランプ米大統領の記者会見を見極めたいとの思惑があることも買い見送り要因につながった。ただ、値動きの軽い低位株やIPO銘柄などには引き続き個人投資家の値幅取り動きが活発化しており、全般は底堅い展開となり、心理的な節目の900ptを割り込むことはなかった。

本日マザーズ市場に新規上場したスマレジ4431は公開価格の約2.35倍となる3225円、フロンティアインターナショナル7050の初値は公開価格を約12.6%上回る2715円でともに好スタートを切った。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below