March 1, 2019 / 3:48 AM / 3 months ago

後場に注目すべき3つのポイント~円安進むがもち合い上放れなるか


*12:42JST 後場に注目すべき3つのポイント~円安進むがもち合い上放れなるか
1日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反発、円安進むがもち合い上放れなるか
・ドル・円は一段高、日本株高継続に期待感
・値上がり寄与トップは、ファーストリテ9983、ファナック6954


■日経平均は反発、円安進むがもち合い上放れなるか

日経平均は反発。189.35円高の21574.51円(出来高概算5億6000万株)で前場の取引を終えている。

2月28日の米株式市場でNYダウは69ドル安と3日続落。利益確定を目的とした売りが出やすかった。注目された米朝首脳会談で北朝鮮の非核化を巡る合意に至らず、利益確定売り優勢となった。ただ昨年10-12月期の米実質国内総生産(GDP)が前期比年率2.6%増と市場予想を上回り、円相場は1ドル=111円台半ばに下落。取引開始前に発表された日本の10-12月期法人企業統計で設備投資額が9四半期連続のプラスとなったことも好感され、本日の日経平均は104円高からスタートすると、前場中ごろには21608.10円(222.94円)まで上昇する場面があった。中国の2月製造業購買担当者景気指数(PMI)が前月から上昇したことを受けて買いが入った。一方、上値では利益確定の売りも出てややこう着感の強い展開だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の5割強となっている。

個別では、ソフトバンクG9984、任天堂7974、ファーストリテ9983、武田薬4502などが堅調で、ZOZO3092やアンリツ6754は5%上昇した。トヨタ自7203は小幅な上昇。決算発表銘柄ではパーク244666が買い先行。H.I.S.9603は連結子会社のハウステンボスが上場準備を始めたことも発表しており、昨年来高値を更新した。また、ハウスドゥ3457などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、ソニー6758が小安く、昭電工4004は利益確定売りに押され3%近い下落となった。業績下方修正の住友化4005、熊本店や宇都宮店の営業終了を発表したパルコ8251は3%安。また、パスコ9232などが東証1部下落率上位に顔を出した。セクターでは、水産・農林業、医薬品、精密機器などが上昇率上位。反面、海運業、鉄鋼、非鉄金属などが下落率上位だった。引き続き内需株に資金が向かい、景気敏感株は軟調となった。

朝方から一段と円安が進んでおり、足元では1ドル=111.70円台に乗せている。日米中の経済指標の底堅さから円安・株高に振れ、前場の日経平均は上げ幅を200円超に広げる場面もあったが、引き続き21600円近辺では上値が重い。アジア市場は中国・上海総合指数がもみ合いとなるなど高安まちまち。後場の日経平均は改めて上値を試す場面も出てくるだろうが、週末を前にもち合い上放れまでは期待しにくそうだ。

本日は円安が進んだにもかかわらず、トヨタ自が小幅な伸びにとどまった。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が27日、米議会の下院公聴会で日本との貿易交渉について3月にも初会合を開く意向を示し、日米物品貿易協定(TAG)交渉が本格化するとの見方から警戒感が広がっているようだ。佳境を迎えた米中通商協議や英国の欧州連合(EU)離脱などの行方を見極めたいなどとの思惑もあるとみられ、こうした海外情勢の不透明感が引き続き上値の重しとなる可能性がある。


■ドル・円は一段高、日本株高継続に期待感

1日午前の東京市場でドル・円は一段高となり、一時111円74銭まで強含んだ。ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いで、目先の日本株高継続期待でリスク選好的な円売りに振れている。中国株高や欧米株式先物のプラス圏推移も、ドル買い・円売りの流れを支援しているようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円33銭から111円74銭、ユーロ・円は126円61銭から127円01銭、ユーロ・ドルは1.1369ドルから1.1374ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・ミサワホーム中国1728やプロパティデータバンク4389など、6銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップは、ファーストリテ9983、ファナック6954


■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・1月失業率:2.5%
(予想:2.4%)
・日・1月有効求人倍率:1.63倍
(予想:1.63倍)
・日・2月東京都CPI:前年比+0.6%
(予想:+0.4%)
・日・2月東京都コアCPI:前年比+1.1%
(予想:+1.0%)
・中・2月財新製造業PMI:49.9
(予想:48.5)

【要人発言】

・麻生財務相
「マーケットの状況は引き続き注視していく」

・茂木経済財政担当相
「日米貿易交渉、出来るだけ早く実現したい」


<国内>
特になし

<海外>
・16:00 独・1月小売売上高(前月比予想:+2.0%、12月:-3.1%)




《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below