January 13, 2020 / 11:54 PM / 16 days ago

今日の為替市場ポイント:米中関係改善でリスク選好的な円売り継続も


*08:48JST 今日の為替市場ポイント:米中関係改善でリスク選好的な円売り継続も
13日のドル・円は東京市場では109円51銭から109円65銭まで上昇。欧米市場でドルは109円62銭から109円95銭まで一段高となり、109円94銭で取引終了。

本日14日のドル・円は110円を挟んだ水準で推移か。米中関係の改善への期待でリスク選好的なドル買い・円売りは継続する可能性がある。

13日のニューヨーク市場では、リスク選好的な取引がやや活発となり、株高・債券安の相場展開となった。安全資産とみなされている金の価格も反落した。市場関係者の間からは、「イラン指導部に対する抗議活動が続いていることなど一部で不安はあるものの、中東情勢の緊張状態は緩和されつつあり、リスクの高い資産に投資資金が向かっている」との声が聞かれている。ただ、米長期金利の上昇については、「米国の個人消費や雇用の動向を慎重に見極める必要があり、持続するとは思えない」との見方もある。

ドル・円については、心理的な節目である110円に接近しており、この水準を明確に突破した場合、ドルは一段高となる可能性があるとみられているが、クロス円取引に絡んだ利食い目的の円買いが増えるとの指摘もあり、1ドル=110円近辺で売買交錯となる展開もあり得る。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below