for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

14日の日本国債市場概況:債券先物は151円76銭で終了


*18:11JST 14日の日本国債市場概況:債券先物は151円76銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2020年3月限
寄付152円01銭 高値152円01銭 安値151円76銭 引け151円76銭
売買高総計18973枚

2年 408回 -0.130%
5年 141回 -0.090%
10年 357回 0.010%
20年 170回 0.305%

債券先物3月限は、152円01銭で取引を開始。米財務省が「中国の為替操作国認定を解除」と発表したことや、中国の12月貿易統計での輸出・輸入の改善を好感。また、日銀オペが弱めだったことや、翌日の5年債入札への警戒感もあって売りが優勢になり、151円76銭まで下落した。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は1.58%、10年債は1.83%、30年債は2.29%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.18%、英国債は0.71%、オーストラリア10年債は1.25%、NZ10年債は1.50%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・22:30 米・12月消費者物価指数(前年比予想:+2.4%、11月:+2.1%)
・23:00 ウィリアムズNY連銀総裁が討論会参加(ロンドン、行動科学関連イベント)
・03:00 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁講演(経済と金融政策の見通し)


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up