January 14, 2020 / 10:01 PM / 7 months ago

NY株式:NYダウ32ドル高、大手行決算好感も対中関税の維持観測を警戒視


*07:00JST NY株式:NYダウ32ドル高、大手行決算好感も対中関税の維持観測を警戒視
米国株式相場はまちまち。ダウ平均は32.62ドル高の28939.67、ナスダックは22.60ポイント安の9251.33で取引を終了した。朝方は利益確定の動きからS&P500やナスダックで売りが先行したものの、複数の大手行決算が好感され、上昇に転じた。しかし、米中貿易交渉での第一1段階目の合意署名を明日に控える中、対中関税は米大統領選後まで維持されることが伝わり、第二段階目以降の交渉への先行き不透明感から上げ幅を縮小する展開となった。セクター別では、耐久消費財・アパレルや医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器やソフトウェア・サービスが軟調。

大手行のJPモルガン(JPM)及びシティグループ(C)は、トレーディングを中心に決算内容が好調となり上昇。一方で、ウェルズファーゴ(WFC)は、巨額の訴訟費用が業績を圧迫し、軟調推移。航空大手のデルタ航空(DAL)は、決算が予想を上回り堅調推移。電気自動車のテスラ(TSLA)は、ドイツ銀行が目標株価を引き上げ、買われた。医療機器のボストン・サイエンティフィック(BSX)は、決算内容が嫌気され下落した。

代替肉食品メーカーであるビヨンド・ミート(BYND)は、中国市場進出への観測が強まっており、年初から株価は50%を超す上昇となっている。い状況だ。

Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below