January 14, 2020 / 11:31 PM / 4 days ago

マザーズ先物見通し:手掛かり材料に乏しく模様眺めムードの強い展開か


*08:27JST マザーズ先物見通し:手掛かり材料に乏しく模様眺めムードの強い展開か
本日のマザーズ先物は、米中による通商協議の第1弾合意に関する署名を目前に、様子見気分が強まりそうだ。市場では「相場はこれまで、合意期待の高まりから上昇してきただけに、署名以上の好材料は見込みづらく、手掛かり材料に欠ける」との声が聞かれる。また、前日の米国市場も高安まちまちだったうえ、日経平均も前日に24000円の大台を回復して引けただけに、目先の達成感から利益を確保する動きが想定され、こうした動きがマザーズ先物にも響きそうだ。また、今後2019年4-12月期決算の発表が本格化することから、業績動向を確認したいとの思惑も強まる可能性がある。全体としては、東証1部市場の大型株が一服しそうな中、幕間繋ぎ的な形でマザーズ市場の中小型株が物色される可能性はあるが、物色の矛先は直近IPO銘柄や決算などを材料とした個別株に留まりそうで、マザーズ先物に影響を及ぼす時価総額上位銘柄などには積極的な買いが期待できそうにない。ただ、昨日はメルカリ4385やサンバイオ4592といった主力級銘柄が下落しただけに、こうした銘柄に押し目買いが入れば、マザーズ先物の下支えにもなろう。一方、中低位株への一角には短期の値幅取りを狙った買いが続いているほか、次世代通信規格「5G」関連や、ドローン関連、人工知能(AI)関連といったテーマ性のある銘柄にも注目が集まっている。市場では「全般に様子見ムードが強まれば、個人の資金はこれら銘柄に向かう可能性が高く、マザーズ先物全般は狭い値幅での動きにとどまる」との指摘も聞かれた。上値のメドは880.0pt、下値のメドは865.0ptとする。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below