January 15, 2020 / 6:36 AM / 5 days ago

マザーズ先物概況: 3日続落、時価総額上位銘柄はまちまち、決算受けた嫌気売りも目立つ展開に


*15:30JST マザーズ先物概況: 3日続落、時価総額上位銘柄はまちまち、決算受けた嫌気売りも目立つ展開に
15日のマザーズ先物は前日比5.0pt安の870.0ptと3日続落した。なお、高値875.0pt、安値は870.0pt、取引高は1349枚。本日のマザーズ先物は、時価総額上位銘柄で明暗が分かれ、方向感に乏しい展開となった。前日の米国市場では、米政権が発動済みの対中追加関税を大統領選後まで維持すると伝わったことで、貿易協議に対する楽観的な見方が後退し、主要株価指数は高安まちまちとなった。これを受けて、急ピッチで回復していた日経平均株価も昨日に24000円台を回復した達成感から利益確定売りが優勢となった。こうした中、幕間繋ぎ的な形で、マザーズ市場では直近IPO銘柄や決算を受けた個別株物色が盛んとなったが、こうした銘柄には指数インパクトがなく、一方で指数寄与度の高いところでは、主力級銘柄の明暗が分かれたため、マザーズ先物は方向感が定まらずに、結局、3日続落となった。売買代金上位では、そーせい4565やサンバイオ4592などのバイオ関連は上昇したが、メルカリ4385のほか、決算内容が嫌気されたTKP3479やUUUM3990が重石となった。また、指数寄与度の高いマネーフォワード3994も大きく下落した。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below