January 15, 2020 / 11:33 PM / 9 days ago

マザーズ先物見通し:小動き、時価総額上位銘柄が引き続き重しか


*08:27JST マザーズ先物見通し:小動き、時価総額上位銘柄が引き続き重しか
本日のマザーズ先物は、新規の手掛かり材料に乏しく、小動きにとどまりそうだ。前日の米国市場は、米中貿易協議の「第1段階」合意文書への署名を好感し、NYダウが初めて29000ドルを突破するなど続伸した。ただ、合意文書の内容はこれまで各種メディアで報じられていた内容と大差なく、市場では「相場には織り込み済み」との見方が多く、手掛かり材料にはなりにくいだろう。また、来週以降本格化していく国内主要企業の決算に個人投資家の関心が移るなか、「業績動向を確認したい」とする向きが多いことも積極的な売買を手控える要因になりそうだ。また、昨日は、メルカリ4385のほか、決算が嫌気されたTKP3479やマネーフォワード3994といった時価総額上位銘柄の大幅な下落が目立った。本日も、新規材料難のなか、直近IPO銘柄や値動きの軽い銘柄など指数寄与度の低い銘柄への物色が強まりそうで、こうした動きになれば、指数インパクトの大きい銘柄は本日も総じて軟調となり、マザーズ先物には重しとなろう。このため、全般は狭い値幅での推移にとどまりそうだ。上値のメドは875.0pt、下値のメドは865.0ptとする。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below