January 16, 2020 / 11:15 PM / 6 months ago

マザーズ先物見通し:米国株高などを背景に買い戻しの動きが強まるか


*08:10JST マザーズ先物見通し:米国株高などを背景に買い戻しの動きが強まるか
本日のマザーズ先物は、米国株高や円安などを材料に、買い戻しの動きが強まりそうだ。前日の米国市場は、良好な企業決算などを好感した買いを受けて主要株価指数は史上最高値を更新するなど騰勢を強めた。また、円相場も1ドル=110円台前半へと円安が進んでおり、個人投資家のセンチメントは好転すると予想される。年初からの値動きを見ると、日経平均は約1.2%上昇しているのに対し、マザーズ先物は約1.2%下落しており、出遅れ感が目立つ。特に、直近IPOなどには活発な物色が見られる一方で、先物にインパクトのある時価総額上位銘柄ではこうした出遅れ感が顕著だ。このため、個人投資家心理の改善から、上述した指数寄与度の高い主力級銘柄に買い戻しの動きが強まれば、マザーズ先物の上昇にも寄与しよう。ただ、主要企業の決算発表を来週以降に控えていることなどもあり、買い戻しの動きが一巡したあとは、様子見気分が強まる可能性もある。また、週末要因として持ち高調整の動きも想定されるだけに、市場では「心理的な節目である900ptを突破するには新たなきっかけ材料が必要」との声も聞かれた。上値のメドは885.0pt、下値のメドは870.0ptとする。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below