January 17, 2020 / 7:06 AM / a month ago

マザーズ先物概況: 変わらず、投資家の関心は東証1部、マザーズは置いていかれる形に


*16:01JST マザーズ先物概況: 変わらず、投資家の関心は東証1部、マザーズは置いていかれる形に
17日のマザーズ先物は前日比で変わらずの872.0ptとなった。なお、高値881.0pt、安値は869.0pt、取引高は1150枚。本日のマザーズ先物は、東証1鵜市場の大型株に置いていかれる形で方向感に乏しい展開となった。前日の米国市場では、昨年12月の小売売上高をはじめとした経済指標が堅調な結果を示したほか、半導体受託製造世界最大手である台湾のTSMCの業績見通しが好感されて主要株価指数は上昇した。ドル円も1ドル=110円台の円安水準で推移。こうした流れから、投資家の関心は半導体関連株や円安の恩恵が強い自動車株といった東証1部市場の大型株に向かう格好となった。このため、中小型株が集まるマザーズ市場など新興市場は置いていかれる形となった。また、マザーズ市場の中でも指数インパクトのないIPO銘柄などには部分的な物色は見られたが、指数寄与度の高い時価総額上位銘柄は高安まちまちとなり、こうした背景もマザーズ先物のこう着感を強める要因となった。指数寄与度の高いところでは、Sansan4443、オンコセラピー・サイエンス4564、ロゼッタ6182が大きく上昇した一方、マネーフォワード3994、UUUM3990は大幅な下落となった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below