January 21, 2020 / 6:52 AM / a month ago

マザーズ先物概要:小幅高で引ける(1月21日)


*15:45JST マザーズ先物概要:小幅高で引ける(1月21日)
21日のマザーズ先物は前日比3.0pt高の875.0ptと小幅高で終了した。高値875.0pt、安値は869.0pt、取引高は934枚。

本日のマザーズ先物は、新規の手掛かり材料に乏しく模様眺め気分が広がり、小幅な値動きにとどまった。主力の東証1部市場が中国での新型肺炎の拡大を警戒して下落したことから、マザーズ市場にも売りが波及。メルカリ4385やフリー4478、そーせい4565など主力銘柄が売られ、マザーズ先物にもヘッジ売りが出て、一時前日比3.0pt安の869.0ptまで値を消す場面もあった。ただ、主要企業の決算発表を控えており、積極的に売り崩す雰囲気もなく、売り一巡後は様子見ムードが広がっていた。本日のマザーズ市場では、好業績に関する観測が伝わったLTS6560が前日比400円(+25.32%)高の1980円とストップ高まで買われ、シンガポール企業にサイネージを2000台納入したと発表したトランザス6696が前日比145円(+10.36%)高の1545円と急騰した。一方、前日の急騰の反動からホープ6195が前日比256円(-8.10%)安の2904円と大幅に反落し、業績予想下方修正したWelby4438は前日比129円(-6.45%)安の1870円と急反落した。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below