January 21, 2020 / 11:45 PM / a month ago

今日の為替市場ポイント:新型肺炎感染拡大を警戒して円買い先行も


*08:42JST 今日の為替市場ポイント:新型肺炎感染拡大を警戒して円買い先行も
21日のドル・円は東京市場では110円22銭から109円89銭まで下落。欧米市場でドルは110円12銭まで買われた後に109円76銭まで反落し、109円86銭で取引終了。

本日22日のドル・円は109円台半ばから後半を中心にやや値を下げる展開となりそうだ。中国で新型コロナウィルスの感染が相次ぎ、その影響から株安が続けば円買いが先行する見通し。

21日のNY市場でドル・円は110円10銭付近から109円76銭まで値を下げた。中国で感染が確認された新型コロナウィルスが渡航者の移動などにより世界的な拡大が懸念された。それを背景に中国株主導でアジア株が大きく下げ、欧米市場にも波及した。NY市場では、もともと調整が入りやすい地合いだったとはいえ、ダウは前週末比150ドル超下落している。

本日の東京市場では、株価にらみの展開が予想される。米株安を受け日経平均株価は続落となる可能性が高いことから、日本株安を嫌気した円買いが先行しよう。上海総合指数や香港ハンセン指数が一段安となった場合も、円買いを後押しする見通し。引き続きウィルス感染による影響が注視され、リスク回避的な取引が広がりそうだ。ドルは安全通貨として買われる可能性があること、109円台では国内勢のドル買いが増えるとの見方もあり、ドル・円の下落を抑制する可能性も残されている。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below