for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

後場に注目すべき3つのポイント~日本電産決算控え25日線で下げ止まり


*12:49JST 後場に注目すべき3つのポイント~日本電産決算控え25日線で下げ止まり
23日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反落、日本電産決算控え25日線で下げ止まり
・ドル・円は弱含み、新型コロナウィルスの影響に懸念
・値下がり寄与トップはファーストリテ
9983、同2位はソフトバンクG9984

■日経平均は反落、日本電産決算控え25日線で下げ止まり

日経平均は反落。153.46円安の23877.89円(出来高概算5億1663万株)で前場の取引を終えている。前日の米株式市場では、中国政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて対策を強化する方針を示したことを好感する場面もあったが、過去最高値圏にある主要3指数は上値の重さが意識されて高安まちまちとなった。

シカゴ日経225先物清算値は大阪比180円安の23840円になるなか、為替相場も1ドル=109円台後半と前日から円高基調となっており、本日の東京市場には売りが先行した。その後は、韓国をはじめとしたアジア株が売り先行後に下げ渋りをみせたことなどから、225先物に対する売り一巡感が意識された。業績期待の高い銘柄中心に押し目買いの動きもみられ、日経平均は前引けにかけて下げ幅を縮小する展開となった。

セクターでは、その他金融や精密機器、その他製品を除く東証30業種が揃って下落。とりわけ、海運業や鉱業、石油・石炭製品の下げが目立った。売買代金上位銘柄では、ソフトバンクG
9984、ファーストリテ9983、楽天4755、ネットワンシステムズ7518、資生堂4911、三菱商事8058、三菱UFJ8306、ファナック6954、日本たばこ産業2914、KDDI9433、三井住友8316が下落。一方で、5G普及による業績拡大への期待続くアドバンテスト6857が4%を超える上昇となったほか、トヨタ自動車7203、東京エレクトロン8035、太陽誘電6976、NTTドコモ9437などは堅調。

足元では、中国発の新型コロナウイルス拡大をきっかけとして、地理的な距離も近い日本株にも売りが優勢の展開になっている。しかし、指数先物や東証1部の売買高及び売買代金に特段の目立った変化が見られていない点を勘案すると、現状の下落は同ニュースをきっかけとした短期筋による利益確定の動きが主体であり、海外投資家などによる新規の売りが殺到する流れには至っていないとみられる。この流れから、本日前場の東京市場では、日経平均は25日移動平均線(23834円処)がサポートラインとして意識されており、業績期待の高いとされるハイテク株中心に買われた。

投資家による押し目買い意欲の強さが窺える一方で、後場にかけては大引け後に控える日本電産
6594の20年3月期第3四半期決算発表に対する市場の注目度が次第に高まってくるタイミングでもある。渦中の中国では、武漢市が新型コロナウイルスの感染拡大阻止のために公共交通機関運行停止を発表しているものの、引き続き同国政府や世界保健機関(WHO)の対応動向を見極めたいとの向きは根強く、後場にかけてはこ
れらの要因から様子見ムードになるシナリオも視野に入れておきたい。


■ドル・円は弱含み、新型コロナウィルスの影響に懸念

23日午前の東京市場でドル・円は弱含み。中国で感染が相次ぐ新型コロナウィルスの影響が懸念され、日経平均株価や上海総合指数の大幅安を手がかりに円買い基調に。ドルは109円後半から109円半ばまで値を下げた。一方、強い豪雇用統計を受け、中銀の追加利下げ観測後退により豪ドルは強含んだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円59銭から109円87銭、ユーロ・円は121円52銭から121円88銭、ユーロ・ドルは1.1080ドルから1.1097ドル。


■後場のチェック銘柄

・ヤマト・インダストリー
7886、阿波製紙3896など、9銘柄がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはファーストリテ
9983、同2位はソフトバンクG9984


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・中国武漢市
「新型コロナウィルス対策で鉄道や空港を一時閉鎖」(報道)

【経済指標】

・日・12月貿易収支:-1525億円(予想:-1526億円、11月:-852億円)
・豪・12月失業率:5.1%(予想:5.2%、11月:5.2%)
・豪・12月雇用者数増減:+2.89万人(予想:+1.00万人、11月:+3.99万人)


<国内>
・13:30 11月全産業活動指数(前月比予想:+0.4%、10月:-4.3%)
・14:00 11月景気動向指数・先行改定値(速報値:90.9)

<海外>
特になし





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up