January 23, 2020 / 6:45 AM / a month ago

マザーズ先物概況:反落、新型コロナウイルスへの警戒感が重しに


*15:43JST マザーズ先物概況:反落、新型コロナウイルスへの警戒感が重しに
23日のマザーズ先物は前日比7.0pt安の869.0ptとなった。なお、高値874.0pt、安値は868.0pt、取引高は816枚。本日のマザーズ先物は、中国での新型コロナウイルスによる感染拡大の懸念が相場全体の重しとなり、反落した。中国・武漢市が感染拡大阻止のために公共交通機関の運行停止を発表したが、春節休暇入りを前に今後の更なる拡大も懸念され、市場全体のセンチメントを悪化させた。為替も1ドル=109円台半ばまでの円高に振れ、こうした外部環境の悪化も個人投資家心理を暗くしたようだ。こうした中、マザーズ市場における時価総額上位銘柄群もそろって売られ、マザーズ先物の軟調な値動きに繋がった。前引け間際の段階では、下値を拾う場面もあったが、結局、午後から再度下げ幅を拡げる展開となった。日本電産6594を皮切りとした主要企業の決算内容を見極めたいという思惑も積極的な押し目買いを留めたようだ。指数寄与度の高い時価総額上位銘柄では、そーせい4565、サンバイオ4592、メルカリ4385、Sansan4443、ミクシィ2121、TKP3479などが下落となった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below