for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ先物概況:大幅に3日続落、外部環境の悪化でセンチメントは一段と悪化


*15:38JST マザーズ先物概況:大幅に3日続落、外部環境の悪化でセンチメントは一段と悪化
27日のマザーズ先物は先週末比23.0pt安の838.0ptとなった。なお、高値848.0pt、安値は838.0pt、取引高は2203枚。本日のマザーズ先物は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が世界景気に悪影響をもたらすとの懸念が広がるなか、イラクの米大使館にロケット弾が着弾したと伝わったことで、投資家センチメントが一段と冷え込む形となった。日本市場が休場であった最中にも、新型コロナウイルスによる肺炎患者数は増大しており、中国の団体客の渡航中止なども伝えられる中で、市場心理は先週よりも一段と悪化し、東京市場は全面安商状となった。マザーズ先物はナイトセッションの間にも下落していたが、日経平均が400円超と大きく下げる中、先行き不透明感を嫌気した投資家が売り込むかたちで日中取引に入ってからも一層下げる展開となった。指数インパクトの大きい主力級銘柄も軒並み下落し、マザーズ先物の下押しに寄与する格好となった。指数寄与度の高いところでは、ジーエヌアイグループ
2160、ラクス3923、マネーフォワード3994、メルカリ4385などが指数の重しとなった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up