January 27, 2020 / 8:28 AM / 22 days ago

欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、中国ウイルスや中東に懸念も株価にらみ


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、中国ウイルスや中東に懸念も株価にらみ
27日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想したい。中国のウイルス感染拡大や中東の緊張で、引き続きリスク回避の円買いに振れやすい見通し。ただ、米国企業の好業績が目立ち、本格化する決算発表を前に株安が一服すればドル売りを抑えそうだ。

中国当局によると、新型コロナウイルスの感染被害が広がりをみせ、27日午前の時点で感染者・死者の数が増加している。それを受け中国経済に先行き不透明感が急速に強まっており、リスク回避的な円買いが続く。加えて、イラクの米軍施設に対しイランのミサイル攻撃で米国とイランの緊張が高まるとの観測から地政学リスクを意識した円買いを誘発。本日のアジア市場は中国などが旧正月に伴う休場だが、日経平均株価が前週末比で一時500円超安となり日本株安を背景とした円買いでドルは108円後半に売り込まれる場面もあった。

この後の欧米市場でも、引き続き中国のウィルス問題の行方が注目され、被害の拡大が示されれば円買い先行となりそうだ。また、中東情勢に関連しトランプ政権は済制裁を継続する方針を示しており、イラン側の対応が材料視されよう。一方で、安全通貨買いの流れで、ドルは対円で下げづらい面もある。実際、本日は108円台後半に下落後、短期間で109円台に戻しており、底堅さが目立つ。また、米企業決算ではIT関連の好業績が続き、明日のアップルが注目される。連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ観測後退とともにドル売りを抑える要因となろう。

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 独・1月IFO企業景況感指数(予想:97.0、12月:96.3)
・18:30 英・12月銀行協会住宅ローン承認件数(11月:43715件)
・24:00 米・12月新築住宅販売件数(予想:73.0万戸、11月:71.9万戸)
・24:30 米・1月ダラス連銀製造業活動指数(予想:-1.6、12月:-3.2)
・01:30 米財務省・2年債入札
・03:00 米財務省・5年債入札






《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below