for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

個別銘柄戦略:SMCやキーエンスに注目


*09:04JST 個別銘柄戦略:SMCやキーエンスに注目
週明け27日の米国市場ではNYダウが453.93ドル安の28535.80、ナスダック総合指数が175.60pt安の9139.31と急落し、シカゴ日経225先物も大阪日中比280円安の23030円と売られた。28日早朝の為替は1ドル=108円80-90銭(昨日大引け時点は109.04円付近)。本日の東京市場では、新型肺炎拡大への懸念で売られた昨日の地合いを引き継ぎ、ファーストリテ
9983、ソフトバンクG9984など日経平均の高構成比銘柄や資生堂4911、OLC4661、JAL9201といったインバウンド関連株の軟調が予想される。一方、東証1部銘柄の大型株が敬遠される傍らで、昨日のジャスダック市場で売買代金首位だったイマジニア4644のほか、リプロセル4978、免疫生物研究所4570などのバイオ株、重松製作所7980を中心とする肺炎関連株には引き続き物色が向かいそうだ。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたSMC6273、日精工6471、キーエンス6861、ファナック6954、太陽誘電6976、村田製6981などに注目。
《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up