January 28, 2020 / 7:00 AM / 23 days ago

米アップルなどの決算が冷静さを取り戻させるか【クロージング】


*15:57JST 米アップルなどの決算が冷静さを取り戻させるか【クロージング】
28日の日経平均は続落。127.80円安の23215.71円(出来高概算11億7000万株)で取引を終えた。コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大を受けて世界経済鈍化への懸念が強まり、27日の米国市場ではNYダウが一時500ドルを超える下落となる等、海外株安の流れもあって、連日でのギャップスタートとなった。テクニカル面では75日線を割り込んで始まると、その後は狭いレンジでのこう着相場が続いており、大引けにかけてはやや下げ幅を縮めたものの、75日線レベルでの攻防となった。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは、鉄鋼、鉱業、石油石炭、機械、海運、精密機器、非鉄金属が軟調。半面、その他金融、空運が小幅に上昇している。指数インパクトの大きいところでは、ダイキン6367、ヤマハ7951、リクルートHD6098、ファミリーマート8028、ファナック6954が軟調。一方で、ファーストリテ9983、アドバンテスト6857、資生堂4911がしっかり。

日経平均は一先ず75日線レベルで下げ渋りをみせており、同線が支持線として機能するかを見極めたいところであろう。新型肺炎に対する警戒感は根強いものの、新型肺炎関連への値動きは荒くなってきており、選別色が強まってきている。影響を受けるとされている資生堂なども落ち着いた値動きをみせている。楽観視は出来ないものの、過剰反応は落ち着きを見せてきた点は安心である。

また、米国ではアップルやアドバンスト・マイクロデバイスの決算などが予定されている。GAFAや5G関連などの好決算が示されるようでれば、決算発表が本格化する中で、業績面に関心が向かいやすいと考えられる。足元でイレギュラー的に売られている銘柄も多いとみられ、アップルなどの決算がハイテク株等への見直しに向かう可能性に期待したいところであろう。



《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below