for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY為替:ドル伸び悩み、パウエルFRB議長が新型肺炎の影響などを懸念


*07:29JST NY為替:ドル伸び悩み、パウエルFRB議長が新型肺炎の影響などを懸念
29日のニューヨーク外為市場でドル・円は108円98銭まで弱含んだのち、109円26銭まで買われたが、取引終了時点にかけて109円00銭まで反落し、109円02銭で引けた。12月の米卸売在庫速報値は予想外のマイナスに落ち込んだほか、米12月前渡商品貿易赤字の拡大、米12月中古住宅販売成約指数が予想を下回ったため、ドル売りが優勢となった。その後、トランプ米大統領がUSMCAに署名したことを受けてドル買いが再燃。米連邦公開市場委員会(FOMC)が予想通り政策金利を据えいたが、消費判断を引き下げ、パウエルFRB議長が「新型肺炎の影響など、不透明性が残る」と慎重な姿勢を示したため、ドル売りが再び強まる展開となった。

ユーロ・ドルは、1.0992ドルまで下落後、1.1021ドルまで上昇し、1.1010ドルで引けた。ユーロ・円は、119円89銭まで下落後、120円24銭まで戻した。ポンド・ドルは、1.2990ドルまで下落後、1.3026ドルまで反発。欧州議会は英国のEU離脱案を批准、31日のEU離脱が確定したためポンド買いが再燃。ドル・スイスは、0.9767フランまで上昇後、0.9727フランまで下落した。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up