January 31, 2020 / 7:00 AM / a month ago

決算を手掛かりとした物色に向かう相場展開に期待【クロージング】


*15:55JST 決算を手掛かりとした物色に向かう相場展開に期待【クロージング】
31日の日経平均は反発。227.43円高の23205.18円(出来高概算13億7000万株)で取引を終えた。30日の米国市場では、世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言したことから軟調推移が続いていたが、移動や貿易は制限しなかったことで、引けにかけて切り返す展開だった。

この流れを受けて、シカゴ日経225先物清算値は大阪比225円高の23195円と上昇する中で、日本株市場においても買い戻しの流れが先行した。足元で売りに押されていたアンリツ6754が通期計画の上方修正が好感されるなど、決算評価の動きも目立つ中、日経平均は前場半ばには一時23421.59円まで上げ幅を広げる局面もみられた。その後は週末要因もあって上げ幅を縮めたが、75日線レベルでのこう着が続いた。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1500を超えており、全体の7割近くを占めている。セクターでは、鉄鋼、不動産、医薬品、水産農林が上昇。半面、海運、その他製品、鉱業、その他金融が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、中外薬4519、ファーストリテ9983、東エレク8035、信越化4063、アドバンテスト6857がけん引。一方で、京セラ6971、コナミHD9766が冴えない。

日経平均は、前日には世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか、対応を協議すると伝えられる中で、先物主導で急落。本日は緊急事態を宣言したことにより、短期筋の買い戻しの流れが強まったとみられる。そのため、買い戻し一巡後のこう着感の強い展開についても納得がいくであろう。また、週明けには上海市場が再開するため、急落は想定されているとはいえ、改めて売り直される可能性があるため、積極的な押し目拾いの流れも限られた格好だろう。

とはいえ、アンリツが決算評価から大きく反発するなど、決算を手掛かりとした物色が見られた点については、市場は新型肺炎によるパニックから、正常化に向かう兆しが見て取れよう。来週、再来週と決算発表がピークとなるため、決算を手掛かりとした物色に向かう相場展開に期待したいところである。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below