for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の為替市場ポイント:中国本土株式の下落を警戒してリスク選好的な円売り抑制も


*08:48JST 今日の為替市場ポイント:中国本土株式の下落を警戒してリスク選好的な円売り抑制も
1月31日のドル・円は東京市場では108円88銭から109円14銭まで反発。欧米市場でドルは109円07銭から108円31銭まで反落し、108円37銭で取引終了。

本日2月3日のドル・円は主に108円台前半で推移か。ウイルス感染の拡大に対する警戒感は消えていないこと、中国本土の株式市場の下落が予想されていることから、目先的にリスク選好的な円売りは抑制される可能性が高いとみられる。

中国における新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて各国政府は渡航制限や自国民の退避に動いており、多くの航空各社は中国発着便の調整・運休を決めている。また、中国に製造拠点などを有する外国企業(製造業)もウイルス感染拡大を受けて相応の措置を講じているもようだ。

報道によると、仏PSAは湖北省武漢市にある3つの工場を2月半ばまで閉鎖する。また、韓国の現代自動車は、スポーツ多目的車(SUV)の生産を近く停止する計画を示しているもよう。市場関係者の間では、「2020年1-3月期における中国の自動車生産および販売台数は前年同期比で大幅に減少する」との見方が広がっている。また、ウイルスの感染拡大による経済的な損失がどのような規模になるのか、現時点で予測することは難しいとの見方が多いことから、リスク回避的な取引はしばらく継続する可能性がある。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up