February 4, 2020 / 11:26 PM / 19 days ago

マザーズ先物見通し:中国の経済対策期待による米株高を受けてセンチメントは改善


*08:36JST マザーズ先物見通し:中国の経済対策期待による米株高を受けてセンチメントは改善
 

本日のマザーズ先物は、前日の米国株の大幅続伸や円安進行など外部環境の好転を背景に買いが先行して始まりそうだ。前日の米国市場では、新型肺炎の感染拡大に伴う世界景気の減速懸念がくすぶるなか、海外メディアが「中国当局は新型肺炎を受けて景気支援策を準備」などと伝えたことから、先行き警戒感が後退し、NYダウなど主要株価指数は大幅に続伸し、円相場も1ドル=109円台半ばまで円安が進んだ。シカゴの日経225先物も大幅高を演じており、市場では「日経平均の続伸スタート予想を背景に、マザーズ先物にも買いが波及しそうだ」との指摘が聞かれている。こうした背景から、個人投資家マインドも一層改善すると考えられる。また、昨日と同様に、メルカリ4385やそーせい4565といった主力級銘柄が総じて強含めば、マザーズ先物の一層の上昇も期待できるだろう。とりわけ、メルカリについては先日のOrigami買収に続いて、NTTドコモ9437とキャッシュレス決済などで業務提携すると発表している。これを受けた同社の株価動向には注視したいところだ。ただ、全体としては新型肺炎への不安材料が完全に払しょくされたわけではないため、買い戻しが一巡したあとは再び模様眺め気分が強まる可能性もありそうだ。上値のメドは850.0pt、下値のメドは830.0ptとする。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below