February 5, 2020 / 7:17 AM / 24 days ago

ISM非製造業景況指数も改善ならマド下限レベルを意識【クロージング】


*16:11JST ISM非製造業景況指数も改善ならマド下限レベルを意識【クロージング】
5日の日経平均は続伸。234.97円高の23319.56円(出来高概算13億2000万株)で取引を終えた。4日の米国市場は、中国政府が市場への大規模な資金供給を行い、新型コロナウイルスによるグローバル経済に対する警戒感が和らいだ。また、アイオワ州での民主党予備選挙でシステム障害により投票結果発表が遅延する混乱を受けて、トランプ大統領再選の可能性が強まったとの見方も広がり、ハイテク株を中心に大幅上昇となった。

この流れを引き継ぐ格好から買い先行で始まると、日経平均は寄り付き直後に23400円を回復。その後はこう着感の強い相場展開が続いており、後場半ばに再び23400円を付けてきたが、大引けにかけては上げ幅を縮める展開だった。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターでは、その他金融を除く32業種が上昇しており、水産農林、保険、鉱業、非鉄金属、情報通信、倉庫運輸、医薬品の強さが目立つ。指数インパクトの大きいところでは、KDDI9433、ソフトバンクG9984、ファミリーマート8028が堅調。一方で、NTTデータ9613、花王4452、ファーストリテ9983が重石となった。

新型コロナウイルスによる感染拡大への警戒感は引き続き強い状況であるが、米株高、金利上昇から為替市場ではドルが買われており、1ドル109円台半ばでの円安が支援材料になったであろう。5日の米国市場ではISM非製造業景況指数の発表が予定されている。先日のISM製造業景況指数は判断の分かれ目となる50を回復するなど、コンセンサスを上回る改善をみせていただけに、ISM非製造業景況指数も予想を上振れてくるようだと、米国市場の強い動きが期待され、これを受けた日本株市場への波及も意識されてこよう。

日経平均はマドを空けて急落後のもち合いが継続しており、テクニカル的にも強弱感が対立しやすいところである。新型コロナウイルスによる感染拡大が収まらず、外部環境は不透明ではあるが、中国による大規模な資金供給の効果もあり、金融市場が落ち着きをみせてくるようだと、日経平均は目先的にはマド下限レベルの23500円処を意識したリバウンドが期待されてくるだろう。


《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below