for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY株式:NYダウ483ドル高、新型肺炎治療薬・ワクチン開発の期待高まる


*07:00JST NY株式:NYダウ483ドル高、新型肺炎治療薬・ワクチン開発の期待高まる
米国株式相場は上昇。ダウ平均は483.22ドル高の29290.85、ナスダックは40.71ポイント高の9508.68で取引を終了した。中国の大学が新型コロナウイルスによる肺炎に効果的な治療薬を発見したとの報道を受け、アジア・欧州株が全面高となり、買いが先行。1月ADP雇用統計が15年5月以来の大きな伸びとなったほか、ISM非製造業指数も予想を上回る堅調な内容となり、終日堅調となった。セクター別では、エネルギーや保険が上昇する一方で、自動車・自動車部品やメディアが軟調。

高級ブランドのカプリ・ホールディングス(CPRI)は、好決算を発表し大幅上昇。医療保険のヒューマナ(HUM)は、決算内容が予想を上振れ堅調推移。百貨店のメーシーズ(M)は、今後3年間で125店舗を閉鎖する計画を発表し買われた。一方で、電気自動車のテスラ(TSLA)は、一部アナリストによる投資判断引き下げにより、連日の株価急騰を受けた利益確定が広がり大幅下落となった。自動車のフォード(F)は、決算が予想を下回り軟調推移となった。

マーケット終了後に半導体のクアルコム(QCOM)が発表した10-12月期決算は、売上高、一株利益ともに予想を上振れた。時間外取引で上昇して推移している。





Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up