February 7, 2020 / 6:38 AM / 15 days ago

マザーズ先物概況:小幅に反落、新規材料難のなか急ピッチの値戻りに調整はいる


*15:33JST マザーズ先物概況:小幅に反落、新規材料難のなか急ピッチの値戻りに調整はいる
7日のマザーズ先物は前日比1.0pt安の843.0ptとなった。なお、高値848.0pt、安値は836.0pt、取引高は1822枚。本日のマザーズ先物は、直近3日間において速いペースで値を戻していたことに対する警戒感もあり、小幅ながら反落となった。前日の米国市場では、中国政府による米国からの一部輸入品への関税引き下げの発表を好感して、主要3指数は続伸。ドル円も朝方に一時1ドル=110円台をつけるなど円安基調も続いており、外部環境の良好さは保たれていたといえるが、新規の材料に乏しく、週末による持ち高調整の要因などもあって、マザーズ先物は外部環境の好調さを背景に続伸といった形にはならなかった。昨日に営業赤字を出したメルカリ4385が目先の悪材料出尽くし感と捉えられてか8%近く上昇したが、その他の指数寄与度の高い銘柄は高安まちまちとなり、結局、マザーズ先物は小幅に反落して終わった。時価総額上位銘柄では、メルカリのほかSansan4443などが上昇した一方、そーせい4565やサンバイオ4592、ミクシィ2121などが下落となった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below