February 7, 2020 / 8:18 AM / 11 days ago

東京為替:ドル・円は戻りの鈍い値動き、米雇用統計控え様子見


*17:08JST 東京為替:ドル・円は戻りの鈍い値動き、米雇用統計控え様子見

7日の東京市場でドル・円は戻りの鈍い値動き。新型コロナウィルスの日本での感染で警戒感が広がり、円買い主導でドルは110円02銭から109円81銭まで弱含んだ。その後円買いは一服したが、今晩の米雇用統計発表を前に積極的な売り買いは手控えられた。また、引き続き110円付近の売りに押されやすい展開となった。

・ユーロ・円は120円82銭から120円57銭まで値を下げた。
・ユーロ・ドルは1.0985ドルから1.0969ドルまで弱含んだ。

・17時時点:ドル・円109円80-90銭、ユーロ・円120円50-60銭
・日経平均株価:始値23899.01円、高値23943.45円、安値23759.42円、終値23827.98円(前日比45.61円安)

【要人発言】
・クオールズ米FRB副議長
「新型コロナウィルスの経済への影響を注視する必要」
「インフレが抑制されているうえで現在の緩和政策は妥当」
「中期的にインフレは2%に向かうと予想」
・ロウ豪準備銀行総裁
「GDP成長率は今年+2.75%、来年にかけて+3.00%を見込む」
「新型コロナウィルスは新たな不確実性」
・豪準備銀行・四半期金融政策報告
「金融政策は当面緩和的な状態を維持」
「市場の想定に基づくと今年は0.25%の利下げ」

【経済指標】
・日・12月毎月勤労統計・現金給与総額:0.0%(前年比予想:-0.1%、11月:+0.1%)
・日・12月家計支出:前年比-4.8%(予想:-1.7%、11月:-2.0%)
・日・12月景気動向指数・先行速報値:91.6(予想:91.3、11月:90.8)
・独・12月鉱工業生産(前月比予想:-0.2%、11月:+1.1%)
・独・12月貿易収支(予想:+150億ユーロ、11月:+186億ユーロ)




《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below