for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ先物見通し:新型肺炎への再警戒感で様子見ムード


*08:10JST マザーズ先物見通し:新型肺炎への再警戒感で様子見ムード
本日のマザーズ先物は、前週末の米国株安や円安一服など外部環境の悪化を受けて、買い見送り気分が強まりそうだ。前週末の米国市場は、このところの株価の上昇ピッチが速かったことから利益確定売りが先行し、主要株価指数は反落した。シカゴの日経225先物も大幅に続落し、日経平均も続落スタートが見込まれるなか、マザーズ先物にも売りが波及すると見込まれる。ただ、先週のマザーズ市場は新型肺炎に対する過度な警戒感が和らいだことから上昇し、マザーズ指数は、週間では日経平均の上昇率2.7%を上回る3.2%に達した。主力市場に比べて出遅れ感などが強まっていただけに、強いリバウンド局面となった。売り上げの伸びが拡大したことやNTTドコモと資本業務提携することなどが好感されたメルカリ
4385が急伸したことも個人投資家心理の改善につながっただけに、この流れが継続するなら、マザーズ先物にも好影響を与える場面が予想される。また、前週末に業績予想の上方修正を発表したミクシィ2121がPTSの夜間取引で3%超上昇していることも、同銘柄が時価総額上位銘柄であるだけに、マザーズ先物の下支えになろう。そのため、全体としては売り一巡後は下げ渋る局面もありそうだ。上値のメドは835.0pt、下値のメドは820.0ptとする。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up