April 23, 2020 / 7:02 AM / 3 months ago

マザーズ先物概況:3日ぶりに大幅反発、原油市況の改善で再びリスクオン(4月23日)


*15:56JST マザーズ先物概況:3日ぶりに大幅反発、原油市況の改善で再びリスクオン(4月23日)
23日のマザーズ先物は前日比41.0pt高の724.0ptと3日ぶりに大幅に反発して終了した。高値725.0pt、安値は703.0pt。取引高は4298枚。

本日のマザーズ先物は、前日の原油市況の大幅反発や米国株の上昇などを反映し買い戻しの動きが強まった。前日の米国市場では、石油輸出国機構(OPEC)の加盟・非加盟国が参加する「OPECプラス」の一部の国が非公式のテレビ会議を開催し、5月に緊急会合を開く可能性があると一部で伝わったことから、追加減産への期待が広がり、NY原油先物相場は大幅に上昇した。株式市場でも原油高が冷え込んだ投資家心理を改善させ、NYダウなど主要株価3指数は3日ぶりに反発した。こうした外部環境の改善を背景に日経平均も上昇して始まると、個人投資家のマインドも上向き、買い戻しの動きが強まった。マザーズ先物は一時前日比42.0pt高の725.0ptまで上伸した。また、現物市場でも、メルカリ4385、Sansan4443など指数寄与度の高い主力銘柄が値を上げた。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の低迷で、原油需給の減退が早期に改善するとは言い難く、市場では「再び大きく値下がりする可能性もある」との指摘もあり、買い一巡後は様子見気分が強まっていた。本日のマザーズ市場では、飲食店にセルフオーダーシステムの導入支援を行う子会社を設立するピアズ7066が前日比300円(+25.86%)高の1460円とストップ高まで買われ、マイクロニードルアレイ製造方法に関する国内特許査定取得が材料視されたメドレック4586も前日比80円(+25.32%)高の396円とともにストップ高まで買われた。また、連日の株価下落の反動からハウテレビジョン7064は前日比342円(+21.77%)高の1913円と3日ぶりに反発し、前日の急落の反動から買い戻されたDELTA−P4598は前日比300円(+20.13%)高の1790円、親会社の好決算が好感されたテラプローブ6627も前日比100円(+19.42%)高の615円とともに制限値幅いっぱいまで買い進まれた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below