April 23, 2020 / 11:04 PM / 4 months ago

マザーズ先物見通し:レムデシビル治験失敗報道で軟調推移か


*07:54JST マザーズ先物見通し:レムデシビル治験失敗報道で軟調推移か
本日のマザーズ先物は、前日の米国株が取引終盤にかけて急速に伸び悩んだことが響き、軟調に推移しそうだ。前日の米国市場は、原油相場の上伸が支えとなり、NYダウは一時前日比400ドル超の上昇を演じたあと、急速に伸び悩んだ。その要因となったのが、米バイオ医薬品メーカー、ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」の新型コロナウイルス患者への投与治験の失敗報道だ。ギリアドはこの報道に対して反論しているが、市場では「新型コロナの収束への期待感が強かっただけに、投資家心理を冷え込ませた」との見方をしており、この流れは東京市場にも影響を及ぼしそうだ。また、マザーズ市場では、ITサービス関連株などを中心に個人投資家の買いが膨らみ、マザーズ先物にも買いが波及。前日は6%の急騰を演じた。このため、市場では「週末の持ち高調整売りに加え、前日の急騰の反動などから、目先の利益を確保する売りにさらされやすい」との声が聞かれ、軟調な展開が見込まれよう。上値のメドは730.0pt、下値のメド700.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below