April 24, 2020 / 3:55 AM / a month ago

後場に注目すべき3つのポイント~決算まちまちで個別物色へ


*12:51JST 後場に注目すべき3つのポイント~決算まちまちで個別物色へ
24日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反落、決算まちまちで個別物色へ
・ドル・円は伸び悩み、不透明感で買い続かず
・値下がり寄与トップはファーストリテ9983、同2位が東エレク8035

■日経平均は反落、決算まちまちで個別物色へ

日経平均は反落。157.02円安の19272.42円(出来高概算4億8000万株)で前場の取引を終えている。

23日の米株式市場でNYダウは小幅に続伸し、39ドル高となった。注目される原油先物相場が大きく値を戻し、NYダウも一時400ドル超に上げ幅を広げた。しかし、ギリアド・サイエンシズの新型コロナウイルス治療薬の治験が失敗したと一部メディアが報じると失望感から失速した。なお、4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は2009年3月以来の低水準で、週間の新規失業保険申請件数は442.7万件となり、わずか5週間で08年の金融危機以降新たに創出された雇用を全て失った。また、時間外取引では半導体のインテルが決算を受けて大幅安となり、本日の日経平均も国内外の経済や企業業績の悪化を懸念して97円安からスタート。一時19210.68円(218.76円安)まで下落すると、軟調もみ合いが続いた。

個別では、ファーストリテ9983などが軟調で、ソフトバンクG9984や富士フイルム4901は小安い。インテルの決算を受けて東エレク8035などの半導体関連株もさえない。国内でも主要企業の決算発表がスタートしたが、キヤノン7751やディスコ6146は売り優勢。また、レッグス4286などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、中外薬4519やオムロン6645、オービック4684は決算が好感されて買われ、ネットワン7518は商いを伴って急伸した。その他、売買代金上位では任天堂7974、神戸物産3038、武田薬4502が買い優勢。また、ネットワンとともにクボテック7709などが東証1部上昇率上位に顔を出した。

セクターでは、空運業、証券、鉄鋼などが下落率上位。半面、石油・石炭製品、保険業、精密機器など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の69%、対して値上がり銘柄は26%となっている。

米国株の引け味の悪さやインテルの時間外取引での急落などを受け、本日の東京市場は売りが先行する展開となった。ギリアドの新型コロナ治療薬や半導体関連企業の好業績への期待は直近の米国株の戻りを大きく後押ししていただけに、失望感が出やすいところだろう。日経平均の日足チャートを見ると、19300円台半ばに位置する5日移動平均線に上値を抑えられる格好。個別では景気敏感株を中心に軟調だが、前日から発表が本格化した決算を手掛かりとした物色が見られ、中小型株の一角も売買代金上位に顔を出している。ここまでの東証1部売買代金はおよそ8000億円と、決算発表が本格化したにもかかわらず低迷。新興市場ではマザーズ指数が続伸している。

前引けの東証株価指数(TOPIX)は0.62%の下落となり、後場は日銀による上場投資信託(ETF)買い入れが実施される見込み。ただ、アジア市場では中国・上海総合指数や香港ハンセン指数などが軟調で、積極的な買いは期待しにくいだろう。後場の日経平均は日銀のETF買いをサポートにやや下げ幅を縮めつつも、引き続きマイナス圏で推移しそうだ。

ここまで発表された米企業の決算や、前日発表された国内主要企業の決算の内容は強弱まちまちといったところだ。オムロンのように前期業績が想定ほど悪化しなかったケースや、中外薬やオービックのようにコロナ禍にもかかわらず業績に安定感のあるケースは素直に好感されているが、株式相場全体を大きく押し上げるまでには至っていない。また、新型コロナを巡る先行き不透明感からオムロンなど業績予想を非開示とする企業が相次いでおり、市場の目線が定まらず、今後の株価が不安定になる可能性も指摘されている。さらに、業績データの信頼感が低下し、システム的な取引が手控えられたことが売買代金低迷の要因かもしれない。

これらを勘案すると、一昨日の当欄でも指摘したとおり、日経平均の戻りは一服となり、けん引役を欠くなかでもみ合い推移することが見込まれる。ただ、薄商いとなっているだけに、短期的に上下に振らされる場面が出てくる可能性もある。新型コロナの影響下でも底堅い業績が期待できる銘柄を丁寧に選別していく必要があることも改めて述べておく。

■ドル・円は伸び悩み、不透明感で買い続かず

24日午前の東京市場でドル・円は伸び悩み。原油価格が引き続き持ち直す方向で、リスク回避的な円買いはやや後退。また、値ごろ感による国内勢のドル買いで、ドルは107円後半に一時上昇している。ただ、先行き不透明感から、ドル買いは続いていないようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円55銭から107円75銭、ユーロ・円は115円92銭から116円08銭、ユーロ・ドルは1.0774ドルから1.0784ドル。


■後場のチェック銘柄

・大運9363、ウェルス・マネジメント3772など、7銘柄がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはファーストリテ9983、同2位が東エレク8035


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・ビルロワドガロー仏中銀総裁
「企業や自営業者にとってロックダウンからの脱却は非常に危険になる可能性」

【経済指標】

・日・3月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.4%(予想:+0.4%、2月:+0.6%)


<国内>
・13:30 2月全産業活動指数(前月比予想:-0.5%、1月:+0.8%)

<海外>
・15:00 英・3月小売売上高(自動車燃料含む)(前月比予想:-5.0%、2月:-0.3%)


《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below