April 27, 2020 / 4:01 AM / a month ago

後場に注目すべき3つのポイント~指数インパクトの大きい値がさ株がけん引


*12:54JST 後場に注目すべき3つのポイント~指数インパクトの大きい値がさ株がけん引
27日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反発、指数インパクトの大きい値がさ株がけん引
・ドル・円は伸び悩み、日銀の政策決定待ち
・値上がり寄与トップはファナック6954、同2位がファーストリテ9983

■日経平均は反発、指数インパクトの大きい値がさ株がけん引

日経平均は反発。416.87円高の19678.87円(出来高概算5億株)で前場の取引を終えた。先週末の米国市場の上昇の流れを引き継ぐ格好で買いが先行。その後も決算発表が通過したアドバンテスト6857、ファナック6954が大きく上昇しており、日経平均をけん引している。また、日銀の金融政策決定会合を控え、指数インパクトの大きい値がさ株を中心にショートカバーの動きも加わっているとみられる。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1400を超えており、全体の6割強を占めている。セクターでは、海運、非鉄金属、電気機器、鉄鋼、ガラス土石が上昇率上位。半面、電力ガス、銀行が小幅に下落している。指数インパクトの大きいところでは、ファナック、アドバンテストのほか、ファーストリテ9983、ソフトバンクG9984、東エレク8035がけん引役となった。

指数インパクトの大きい値がさ株が大きく上昇しており、これが日経平均をけん引する格好となっており、日経平均の上昇率は2%を超えている。値がさ株の寄与度が大きい10社で日経平均を250円程押し上げており、225型のインデックス買いのインパクトが大きいだろう。ただし、出来高は5億株にとどまっており、コア銘柄以外への資金流入は限られているとみられ、日経平均の強い値動きほど、全体のセンチメントは楽観はしていないだろう。

とはいえ、日経平均はもち合いレンジの上限レベルを再び突破してきており、19500円辺りを支持線に変えてくることが出来るかが注目されよう。日銀の金融政策決定会合では想定以上のサプライズはなさそうであり、発表後は材料出尽くしも意識される可能性がありそうだが、19500円処での底堅さがみられるようだと、ショートカバーを誘う流れが強まる展開も意識されてくる。


■ドル・円は伸び悩み、日銀の政策決定待ち

27日午前の東京市場でドル・円は伸び悩み。日経平均株価は前週末比416円高で午前の取引を終了しており、株高持続を受けリスク選好の円売り地合いが続く。日銀金融政策決定会合の結果待ちでドルは午前中に107円62銭まで上昇後は買い一服となり、足元はやや失速している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円41銭から107円62銭、ユーロ・円は116円19銭から116円47銭、ユーロ・ドルは1.0814ドルから1.0825ドル。


■後場のチェック銘柄

・スペースマーケット4487、イーブックイニシアティブジャパン3658など、14銘柄がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファナック6954、同2位がファーストリテ9983


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・米S&P
「イタリアの格付BBBで維持、見通しはネガティブ」

・トランプ米大統領
「4840億ドルの中小企業追加救済策に署名」
「政府が原油や航空券を先立って購入も可能」

・ムニューシン米財務長官
「石油企業支援の選択肢を検討している。政府によるエネルギー会社の株式取得も選択肢」

【経済指標】

米・3月耐久財受注速報値:前月比‐14.4%
(予想:-12.0%、2月:+1.1%←+1.2%)

米・3月耐久財受注(輸送用機除く)速報値:前月比−0.2%
(予想:-6.5%、2月:−0.7%←-0.6%)

米・3月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値:前月比−0.2%
(予想:-7.0%、2月:−0.9%←-0.8%)

米・4月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値:71.8
(予想:68、速報値:71)


<国内>
・日銀金融政策決定会合
・日銀「経済・物価情勢の展望」
・15:30 黒田日銀総裁会見

<海外>
特になし


《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below