April 27, 2020 / 10:06 AM / 3 months ago

米国株見通し:底堅い値動きか、注目企業の決算発表前に思惑


*19:01JST 米国株見通し:底堅い値動きか、注目企業の決算発表前に思惑
(18時10分現在)

S&P500先物      2,848.12(+18.62)
ナスダック100先物   8,861.38(+92.38)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は200ドル超高。欧州株高も波及する見通しで、今晩の米株式市場は買い先行となりそうだ。


24日の取引で主要3指数は上昇。ダウは260ドル高で取引を終えたほか、S&Pとナスダックはそれぞれ1%超値を上げた。新型コロナウイルスの治療薬開発への期待が再び高まり、投資家心理を改善させた。また、本格化する企業決算を前に、業績期待から買いが入り相場を押し上げた。週末の調整に伴う売りも観測されたが、連邦準備制度理事会(FRB)の緩和的なスタンスが意識され、指数はプラス圏を維持したようだ。


本日は重要イベントが予定されておらず、リスク要因の後退からまとまった売りは想定しにくい。また、主要国の中銀が緩和的な姿勢を強めていることも、好感される見通し。ただ、今週発表の1-3月期国内総生産(GDP)を見極めようと、積極的な買いは入りづらい。また、原油相場は落ち着きを取り戻したものの、低水準にとどまり、回復の遅れにより関連株は買いにくいだろう。なお、ハイテク企業の決算発表を控え、思惑的な売り買いが予想される。



《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below