April 27, 2020 / 11:12 PM / in a month

マザーズ先物見通し:好悪材料が交錯するなか狭い値幅での動きか


*08:08JST マザーズ先物見通し:好悪材料が交錯するなか狭い値幅での動きか
本日のマザーズ先物は、好悪材料が交錯するなか全般は狭いレンジ内の動きにとどまりそうだ。前日の米国市場は、多くの州で新型コロナの感染拡大ペースが鈍化しており、27日までにテネシーやジョージア、サウスカロライナなどの各州がレストランやサービス業の営業再開を許可するなど、米経済の再開への期待感から買いが先行し、主要株価指数は続伸した。一方、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い原油需要が急減する中、原油在庫の積み上がりで世界的に貯蔵余力が不足するとの懸念が続き、NY原油先物相場は25%近くの急落を演じた。市場では「好悪材料が交錯しており、積極的に手掛けづらい」との声が聞かれ、前日の終値を挟んでもみ合い展開が想定される。一方個人投資家のバイオ関連やテレワーク関連などテーマ性のある銘柄への投資意欲が旺盛な状態は継続しよう。上値のメドは750.0pt、下値のメド730.0ptとする。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below