April 28, 2020 / 3:53 AM / 3 months ago

後場に注目すべき3つのポイント~スケジュール・企業業績踏まえ指数もみ合いの見方変わらず


*12:48JST 後場に注目すべき3つのポイント~スケジュール・企業業績踏まえ指数もみ合いの見方変わらず
28日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は反落、スケジュール・企業業績踏まえ指数もみ合いの見方変わらず
・ドル・円は107円台前半で推移、原油安と株安は意識されず
・値下がり寄与トップは京セラ6971、同2位が花王4452

■日経平均は反落、スケジュール・企業業績踏まえ指数もみ合いの見方変わらず

日経平均は反落。122.17円安の19661.05円(出来高概算5億5000万株)で前場の取引を終えている。

週明け27日の米株式市場でNYダウは4日続伸し、358ドル高となった。新型コロナウイルスの感染拡大ペースが鈍化し、米国や欧州の一部で経済活動が再開されたことが好感された。日銀が予想どおり追加の金融緩和に踏み切り、今週の連邦公開市場委員会(FOMC)で大規模緩和策が維持されるとの見方なども支援材料となった。ただ、東京市場ではこうした動きを前日にある程度織り込んでおり、本日の日経平均は7円安からスタート。その後は時間外取引のNYダウ先物や朝方の中国・上海総合指数の下落が重しとなり、日経平均も前場中ごろを過ぎて19638.48円(144.74円安)まで下落する場面があった。

個別では、ソフトバンクG9984、任天堂7974、武田薬4502、ファナック6954などがさえない。花王4452は決算内容がポジティブサプライズに乏しいと受け止められ、4%超の下落となった。決算を嫌気した売りが続く第一三共4568、投資判断引き下げの動きが複数観測されたローソン2651も軟調ぶりが目立つ。また、正興電6653などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、新型コロナのワクチン開発を発表した塩野義4507が3%超の上昇。決算発表銘柄ではイビデン4062が商いを伴って急伸し、ルネサス6723も大きく買われた。ファーストリテ9983やトヨタ自7203は小幅に上昇。また、イビデンとともにPLANT7646などが東証1部上昇率上位に顔を出した。

セクターでは、鉄鋼、鉱業、非鉄金属が下落率上位。半面、空運業、ゴム製品、精密機器などが上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の63%、対して値上がり銘柄は32%となっている。

日経平均は前日に500円超上昇した反動もあり、本日一転して売りに押される展開となっている。前日の米株高はある程度織り込み済みであり、時間外取引の米株先物や朝方の上海株の下落が重し。売買代金上位を見ると全般に利益確定売り優勢だが、景気敏感株の一角が小幅に上昇し、決算が好感された銘柄には買いが向かっている印象だ。業種別では原油安に伴い商品関連セクターの下げが目立ち、内需・ディフェンシブセクターも軟調。ただ、出遅れ感の強い景気敏感・バリュー(割安)系セクターの一角がまずまずしっかり。ここまでの東証1部売買代金は9000億円強と引き続きやや低調で、新興市場ではマザーズ指数が直近戻り高値水準を維持しつつも小安い。

前引けでの東証株価指数(TOPIX)の下落率は0.53%となっており、後場は日銀による上場投資信託(ETF)買い入れが実施されそうだ。上海株も足元下げ止まりつつあるが、日経平均は後場も米中を中心とした海外市場の動向を睨み神経質な展開となる可能性がある。

先週24日の当欄で「企業決算は強弱まちまち、株価指数はもみ合いで個別物色へ」との見通しを述べた。日経平均の日足チャートを見ると、19400円台に位置する5日移動平均線を上回りまずまずしっかりだが、4月17日の取引時間中に付けた戻り高値19922.07円を未だ上抜けできていない。ここまでの動きは前述の見方に沿ったものと言ってよいだろう。

欧米で経済活動再開の動きが広がり、NYダウは20日と22日の2日間で計1200ドル超下落した後は値を戻している。米株の変動性指数(VIX)も再び低下傾向にあり、こうした外部環境の改善が日本株にとっても支援材料となっている。国内においても東京都の新型コロナ新規感染者数が27日、39人とおよそ1カ月ぶりに50人未満となった。ただ、明日は昭和の日の祝日で休場、さらに週末からは5連休が控えている。連休最後の5月6日には緊急事態宣言の期限を迎え、解除・延長の判断が示されることもあり、積極的な買いは手掛けづらいところだろう。

また、足元で主要企業の決算発表が進んでいるが、既にこれまで新型コロナの好悪影響を織り込んできたため、発表直後は材料出付くし的な動きが強く出ている印象がある。需要・供給の両面で悪影響を受けている外需系企業では、想定ほど業績悪化しなかったことが素直に好感されている。しかし、花王のようにここまで日経平均の上昇をけん引してきた内需系、あるいは半導体関連のグロース(成長)株では、堅調な決算でも好材料出尽くしとして売られるケースが見られる。このことを考慮しても、株価指数が一方向に傾く展開は想定しづらい。短期的に出遅れている景気敏感・バリュー系銘柄のリバーサル(株価反転)妙味が強まっていることを付け足すが、従来の見方に変更はない。


■ドル・円は107円台前半で推移、原油安と株安は意識されず

28日午前の東京市場でドル・円は107円19銭から107円34銭で推移。日経平均は122.17円安で午前中の取引を終えた。原油先物の下げ幅が拡大しているが、現時点で原油安を意識したドル売りは広がっていないようだ。明日29日は東京市場が休場となるため、ドル・円の取引はこの後も動意薄の状態が続くとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円19銭から107円34銭、ユーロ・円は116円08銭から116円27銭、ユーロ・ドルは1.0823ドルから1.0836ドル。


■後場のチェック銘柄

・スリー・ディー・マトリックス7777、ランシステム3326など、8銘柄がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップは京セラ6971、同2位が花王4452


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・安倍首相
「海外で承認された薬は日本で特例承認が可能」
「雇用調整金などの迅速支給、私の責任としてやって欲しい」

・日本銀行
「国債買い入れ、残存1-3年、3-5年、5-10年を増額」

【経済指標】

・日・3月失業率:2.5%(予想:2.5%、2月:2.4%)
・日・3月有効求人倍率:1.39倍(予想:1.40倍、2月:1.45倍)


<国内>
特になし

<海外>
・米連邦公開市場委員会(FOMC)(29日まで)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below