April 28, 2020 / 8:28 AM / a month ago

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米緩和維持に思惑も原油安に警戒


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米緩和維持に思惑も原油安に警戒
28日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)は緩和姿勢を維持すると見込まれ、ドル買い需要は後退しよう。ただ、原油価格の軟調地合が警戒され、安全通貨のドルへの買いは根強いとみる。


米国での新型コロナウイルス感染による死者は前週末時点で5万人を突破し、なお被害拡大への懸念は弱まっていない。半面、ジョージアやオクラホマなど複数の州でロックダウンを一部解除する動きも広がり始めた。金融市場では経済の早期正常化に期待が高まり、リスク回避の動きが弱まりつつある。前日海外市場では安全通貨のドルが売られやすい地合いとなり、円以外の主要通貨は底堅い値動きに。また、日銀の一段の金融緩和を背景に円売りも継続。本日アジア市場で、ドルなどの主要通貨は円に対し下げづらい展開となった。

この後の海外市場では米連邦公開市場委員会(FOMC)や欧州中銀(ECB)理事会での政策決定を控え、積極的に動きづらい見通し。特に、ECBは早ければ30日の会合で「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」の増額に踏み切る可能性が指摘され、様子見ムードが広がりやすい。一方、FRBも緩和姿勢を堅持する見通しで、過度なドル買い需要は引き続き弱まるだろう。ただ、NY原油先物は1バレル=11ドル前後の水準まで弱含み、原油相場の混乱が金融市場に波及するとの警戒感もある。そうした見方が広がれば、ドルの買戻しにつながりそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・22:00 米・2月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数(前年比予想:+3.13%、1月:+3.08%)
・23:00 米・4月消費者信頼感指数(予想:87.9、3月:120)
・23:00 米・4月リッチモンド連銀製造業指数(予想:-40、3月:2)
・02:00 財務省・7年債入札
・米連邦公開市場委員会(FOMC)(29日まで)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below