April 29, 2020 / 8:14 AM / 3 months ago

米国株見通し:上げ渋りか、主要企業の業績にらみもGDPの大幅悪化に警戒


*17:09JST 米国株見通し:上げ渋りか、主要企業の業績にらみもGDPの大幅悪化に警戒
(16時50分現在)

S&P500先物      2,891.38(+24.13)
ナスダック100先物   8,813.62(+93.87)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は150ドル超高。NY原油先物(WTI)は持ち直し、今晩の米株式市場は買い先行となりそうだ。


28日の取引で主要3指数は反落。ナスダックは1%超下げたが、ダウは32ドル安にとどまり24000ドル台を維持した。連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融緩和を背景に、株買いに振れやすい地合いが継続。原油価格が低水準ながら、やや回復に向かったことも好感された。半面、この日発表された消費者信頼感指数は予想外に悪化し、大幅減速への警戒感から利益確定売りが強まった。


今晩はFRBの政策スタンスを見極める展開となりそうだ。連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利は据え置きの方向だが、目先も緩和政策の方針を堅持する見通し。一方、米国の1-3月国内総生産(GDP)速報値も注目材料。想定外に弱い内容となれば、指数を下押しする要因になりやすい。なお、マイクロソフト、フェイスブック、テスラ、イーベイ、ボーイング、GEなどの決算発表が注目され、業績を手がかりとした取引となりそうだ。




《TY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below