April 30, 2020 / 10:52 PM / 3 months ago

東京金見通し:小動き、緊急事態宣言の延長観測など受けて堅調推移か


*07:46JST 東京金見通し:小動き、緊急事態宣言の延長観測など受けて堅調推移か
TOCOM金 21年4月限・夜間取引終値:5811円(前日日中取引終値比↓62円)

・想定レンジ:5750円-5900円

4月1日の東京商品取引所(TOCOM)金先物(期先:21年4月限)は小動きとなりそうだ。前日の米国市場では、週次新規失業保険申請件数が過去6週間で3000万件に達したほか、3月個人消費支出が過去最大の落ち込みを記録したことなどを受けて主要株価指数は反落した。こうした背景に加えて、昨日、日経平均が大幅上昇で節目の20000円を達成していることや大型連休前ということもあり、本日の東京市場でも、株式などのリスク資産は利益確定売りに押されそうだ。そのため、安全資産である金先物は逆に堅調な展開となることが見込まれる。また、緊急事態宣言の延長観測も金への需要を強める要因となろう。ただ、連休中の海外市場動向は不透明であるため、リスク資産にしても安全資産にしても、どちらか一方に持ち高を傾ける動きは考えにくく、そのため狭いレンジでの推移となりそうだ。



《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below