for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

想定以上の下げも個人主体の売買は引き続き活発【クロージング】


*15:57JST 想定以上の下げも個人主体の売買は引き続き活発【クロージング】
1日の日経平均は大幅に反落。574.34円安の19619.35円(出来高概算13億6000万株)で取引を終えた。米株安の流れに加えて、前日に節目の2万円を回復していた反動もあり、利食い優勢の展開となった。その後もトランプ大統領が、新型コロナウイルスの発生源に関して、中国の武漢にある研究所から広がった可能性があるという認識を明らかにしたほか、新たな対中関税を課す可能性をほのめかしたとの報道により、ポジションを圧縮する流れに向かわせた。NYダウ先物が300ドルを超える下落で推移していることも神経質にさせており、大引け間際には一時19551.73円まで下げ幅を広げる局面もみられた。

東証1部の騰落銘柄は、値下り数が1800を超えており、全体の8割を占めている。セクターでは33業種全てが下げており、海運の下落率が7%を超えたほか、保険、鉄鋼、非鉄金属、輸送用機器、ゴム製品、不動産、銀行の弱さが目立つ。指数インパクトの大きいところでは、東エレク
8035、ファーストリテ9983、ファナック6954、アドバンテ6857、テルモ4543、信越化4063など総じて軟調。

日経平均はこれまでのもち合いレンジ上限であった19900円処を支持線に変えることは出来ず、大幅下落で5日線も割り込んでしまった。ゴールデンウイークの谷間であり、参加者が限られている中であったため、ある程度の調整は予想されてたが、一時19500円台まで下げたのはサプライズ感があるだろう。売買代金は昨日の3兆円乗せから、本日は2.2兆円台にまで減少しており、断続的なインデックス売りに押された格好だろう。

マザーズ指数は6営業日ぶりに反落となったが、アンジェス
4563、Aiming3911、UUUM3990、リンクバル6046などが強い値動きをみせていたほか、決算が嫌気されていたメルカリ4385は結局プラス圏を回復しており、物色対象は絞られてはきているが、個人主体の売買は引き続き活発である。本日の下げでゴールデンウイーク中のネガティブ要因は織り込んだとすると、ゴールデンウイーク明け後の仕切り直しが意識されやすいところではある。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up